【避妊薬】効果・副作用まとめへようこそ!

一口に避妊薬・ピルと言っても種類が分かれていて当然使い方も違います。

正しく使うためにも種類と効果を把握しましょう。

個人輸入で避妊薬(ジェネリック)を購入したい方はこちらへどうぞ。人気の個人輸入代行サイト様です。

避妊薬・ピルの服用方法

日本で認可されている低用量ピルには2つのシートがあり1シート目は、生理が始まった時から24時間以内に服用し、日付をまたいでも24時間以内であれば生理の初日と考えます。

生理の初日に服用した場合には、その日から避妊効果が得られますので初日に服用を始めるのが最適です。

基本的に毎日の服用する時間は何時でも問題はありませんが、できるだけ同じ時間に飲むことが大切なので自分のライフスタイルに合った飲み忘れがない時間にすることが肝心です。

服用に水以外にもお茶やジュースでも支障はありませんが、ジュースの中でもグレープフルーツジュースはピルの効果を強くする作用があるので副作用を引き起こし易いので注意が必要です。

また、セントジョーンズワットやチェストベリーが含まれているジュースやサプリメントなどはピルの効果を低下させてしまう可能性が高いので摂らないことが良いでしょう。

避妊具をせずに性行為をするなら低用量ピルなどの避妊薬を通販をして服用しておくことが必要です。

低用量ピルとは?

低用量ピルのピルとは、経口避妊薬とも呼ばれる、避妊のための飲み薬のことです。

英語では、Oral Contraceptives、頭文字を取ってOCともいいます。

低用量ピルが女性ホルモンを少量含まれているもので、毎日1錠ずつ服用することで、ほぼ確実な避妊ができるといわれています。

また、生理日をコントロールすることができるというメリットもあります。

さらに生理が重い、生理の周期が不順という女性にとっても、低用量ピルは効果があります。

副作用も少ないことで、多くの女性に使われています。現在の日本では、低用量ピルを服用するためには、産婦人科クリニックで、医師による処方をしてもらい、自費で購入をする必要があります。

アフターピルとは?

アフターピルとは、性行為を行った後で避妊を目的として服用する薬です。

緊急避妊薬とも呼ばれています。アフターピルを服用すると、受精卵が子宮に着床することをふせぎ、結果として妊娠をふせぐ効果があります。

性行為の後12時間以内に服用すれば効果が高く、24時間を過ぎてからだと効果が低くなることが分かっています。

アフターピルには大きく2種類、ノルレボ錠とヤッペ法があります。

ヤッペ法は定まった時間をあけて2回服用する必要があり、吐き気などの副作用が強く出る場合があります。

ノルレボ錠は一回だけ服用し、吐き気などの副作用はあまり出ない場合がほとんどです。

避妊に成功すると、アフターピル服用後数日して生理のような出血があります。

これは受精卵の着床をふせぐために子宮内膜がはがれるために起こる症状です。

ページTOP