セフレが作れる出会い系サイトはこちら

男女別に見るセフレのターゲット

セフレという関係がいつこれだけ取り挙げられるようになったのかは定かではありませんが、しかしセフレに関していろいろなことが語られ、おそらくその歴史が感じさせる以上に、多くの男性が関心を寄せることがらなのだろうという想像はつきます。

では、この「セフレ」に関して、いったいどんなことが語られているのかというと、やはり「セフレのつくり方」という方法論にどうしてもスポットが当たりがちです。

まあこれは関心が高ければ高いほど攻略法のようなものを人は求めることになるとは思いますので、ある意味当然といえば当然のことなのですが、方法というよりは、まずはターゲットがどんな女性であるかということについてここではお話してみたいと思います。

私がいろいろなところで目にした情報によると、まずは主婦層を狙うという考え方が主流になるようです。

特に、30代の後半を過ぎると、セックスレスに陥る夫婦も多くなってきますので、そういう考え方が有効になります。

また、独身女性の場合には、すでに彼氏がいる意図をターゲットにするのがコツだといいます。

これは、彼氏がいない女性の場合、セフレよりも恋人のほうがほしいと思ってしまうからです。

まあおそらく、何事にも「傾向」がある半面、「例外」も必ず存在するでしょうから、ここに書いてある傾向に関しても、これが絶対に正しいということにはならないはずですが、しかし、何らかの手掛かりがほしいと考えている男性であれば、出会い系サイトやセフレサイトを利用するタイミングで、大いに参考にしていただければと思います。

男性がセフレを求める年代はどうなのか?

男性がセフレを求める年代はどうかというと、これは正直言って、10代後半から50代、あるいは60代になっても、全年齢的に言えることであるという気がしますが、特にその傾向が顕著になるのが、「30代」であると考えられています。

なぜかというと、これは近年の晩婚化が大きくかかわってきているということになります。

晩婚化によって、日本人男性の結婚は年々遅くなってきており、間もなくその平均は30代に迫ろうというところまで晩婚化は進んでいます。

とすると、30代になって恋人がいるのであれば、おそらくそのカップルは結婚を具体的にイメージしながら交際を続けることになるはずですが、しかし、残念ながら恋人がいない男性となると、具体的に結婚の話があるはずもなく、しかし性欲ばかりは年齢的に一番高い時期であるというのも間違いないため、その方法を考えるようになるわけです。

性欲を満足させるための方法はいろいろありますが、しかしすぐに恋人ができる保証もなければ、お金をかけてというのもやはり懐具合を悪化させる上、病気も怖いということから、「セフレ」の需要は極めて高まることになるわけです。

そういう場合には、セフレサイトを利用して、セフレを探すと効果的であると考えられます。

そのため、セフレサイトを利用している男性は、どこもおやはり30代の男性が特に多くなるという傾向は強いようです。

ですから、30代の男性でセフレを求めているという人は、同じようにセフレサイトを利用するというのも実はおすすめなのですが、ひとつ気をつけていただきたいのは、セフレサイトの場合どうしても「サクラ」がたくさんいるというところです。

サクラに引っかかってしまうと、見つかるものも見つからなくなってしまいますので、そのあたりは注意すべき点と言えるでょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ