一相性ピルとは?

服用することで妊娠を予防できるピルには三相性と一相性に分類できるため、用いる時には各々の差異や効果などについて正しく理解することが求められます。

一相性の場合は、服用している期間中であったとしてもホルモンの量に変化が生じることがありません。

ピルは1錠ずつ数字が印字されているので、番号に沿って飲む順番を意識する必要があるのですが、一相性の場合は順番を誤ってしまったとしても特に大きな問題にはなりません。

ただし、故意的に順番を意識しないというのは大きな問題に繋がる可能性が高まってしまうので注意してください。

こうした一相性は、およそ一ヶ月に一度訪れる女性ならではの症状を調整するために役立つとされています。

三相性ピルとは?

三相性ピルとは、服用期間中に成分中のホルモン量が三段階に順番に変化する効果がある低用量ピルのことです。

この三相性ピルにはホルモン量の増加の具合によって二種類に大別されます。

一つは中間増量型と呼ばれるものであり、1シートの服用サイクルのおよそ中間日に、成分ホルモン量が増加します。

二つ目は漸増型と呼ばれるものであり、1シートの服用期間の後半になるほどホルモン量が増加するタイプです。

それぞれの薬ごとによっても異なってきますが、この三相性ピルに配合されるホルモンには、主にノルエチステロンやレボノルゲストレルという成分が用いられています。

これらのホルモン成分を調整することにより、女性の自然な状態でのホルモンバランスに近付けて、不正出血などを引き起こしにくくしているのです。

三相性タイプのピル

三相性ピルとは、服用期間中に成分中のホルモン量が三段階に順番に変化する効果がある低用量ピルのことです。

この三相性ピルにはホルモン量の増加の具合によって二種類に大別されます。

一つは中間増量型と呼ばれるものであり、1シートの服用サイクルのおよそ中間日に、成分ホルモン量が増加します。

二つ目は漸増型と呼ばれるものであり、1シートの服用期間の後半になるほどホルモン量が増加するタイプです。

それぞれの薬ごとによっても異なってきますが、この三相性ピルに配合されるホルモンには、主にノルエチステロンやレボノルゲストレルという成分が用いられています。

これらのホルモン成分を調整することにより、女性の自然な状態でのホルモンバランスに近付けて、不正出血などを引き起こしにくくしているのです。

ページTOP