アイピルとは?

避妊薬アイピル

アイピルとは後からフォローできるアフターピルであり、一般的にはノルレボと言われています。

性交渉の際、コンドームをもっていなかった場合やコンドームを装着していたが何らかの原因で破損してしまった場合など後から対処できるため安心できるピルといえます。

このアイピルはジェネリック医薬品ですが日本では販売されていません。

産婦人科で処方してもらうことはできますが、個人輸入と比較すると値段は雲泥の差があります。

アフターピルはあくまで緊急避妊を目的とする医薬品である為、常用することはWHOも否定しています。

重い副作用などは報告されていませんが、強い成分を含んだ医薬品である為、用法容量を取扱説明書通りに順守して服用することが大切です。

アイピルの効果

この薬は必要時に24時間以内に服用することによって、95パーセントの高い可能性で避妊効果が期待できるアフターピルとなっています。

この薬に配合されている成分には、卵子の排出を抑制し、受精卵が子宮に着床するのを防ぐ効果があり、そのために例え緊急時であったとしても避妊が期待できるのです。

用法用量としては、必要になった際に、水または白湯で一錠服用します。

24時間以内の服用では95パーセント、72時間以内でも84パーセントの可能性で避妊の効果が見込めます。

この薬の保管方法としては、直射日光を避け、出来る限り室温の低い暗所に保管します。

また妊娠中の女性や、なんらかの病気や怪我などで通院しているかたは服用を控え、かかりつけの医師の指示を仰いでください。

アイピルの使用方法と注意点

アイピルとはモーニングアフターピルと呼ばれる緊急避妊薬の一種であり受精と着床の抑制という効果があり妊娠を望まないのに妊娠してしまう可能性がある場合に服用することで効果を発揮する薬です。

低用量ピルを一度に服用することで効果を発揮するため医師の処方が必要なものです。

このアイピルの使用方法は行為を行ってから72時間以内に水と一緒に服用することです。

使用効果は服用が早ければ早いほど効果があるため行為を行ってからすぐに服用することが大事です。

服用してから24時間以内には頭痛や吐き気といった副作用が生じることがありますが、それ以上は続きません。

しかし確実に避妊を行いたい場合にはコンドームを使用することが大事です。

アイピルの副作用

アイピルは、避妊に失敗してしまった時や何かの事件に巻き込まれてしまった時などに妊娠してしまう恐れがある場合に受精を阻止する目的で使用されるピルです。

高い避妊の効果があるアイピルですが、その分副作用も起こってしまいます。

普通では考えられないほどの女性ホルモンを取り入れるので、頭痛や嘔吐、乳房の張りや下腹部の痛みや出血などの症状が見られてくることがあります。

アイピルは服用してから1時間以内に嘔吐してしまった場合、効果が無くなってしまう

可能性があるので、吐き気止めを飲んでからアイピルを飲むようにしなければなりません。

アイピルの副作用は、いずれの症状も1時間から1日程で治まる場合が多く、少し長めに症状が残っている時も身体が慣れるため自然に治まってきます。

ページTOP