オブラルLの効果

避妊薬オブラルL

この薬は三相性の低用量ピルの一種であり、服用し始めてからおよそ一週間で避妊の効果を見込むことができます。

その避妊効果はほとんど100パーセントに近いとされており、身体に掛かる副作用も比較的少ないと評判です。

この薬の使用方法としては、まず生理の初日から1日1錠、水もしくは白湯と一緒に服用します。

なお毎日定刻に飲むことにより避妊率をさらに高くすることもできるとされています。

飲み忘れてしまったなど何らかの理由で中止してしまった場合は、翌月の生理初日から再び服用することで、効果を期待することができます。

また避妊以外にも、生理不順や生理痛、卵巣がんの抑制など、様々な女性の悩みに効果があるとされています。

オブラルLの使用方法と注意点

低用量ピルのなかでも副作用が少ないことでも知られているのがオブラルLです。

オブラルLは低用量ピルの中でも三相性タイプのピルで、飲む順番を間違えずに21日間から28日間飲み続けることで効果を発揮します。

早ければ飲み続けて一週間で効果が出るとされています。

ホルモンの容量が異なる三種類のピルを段階にあわせて飲む必要があります。

そのため飲む順番が大事になってきます。

毎日同じ時間に飲むことでより高い効果を発揮することがわかっています。

ただし時間を間違えるとすぐに生理がきてしまうということもあるので、その場合は服用を止めましょう。

副作用が出る可能性は低いピルですが、吐き気や腹痛と言った症状が出る可能性があります。

オブラルLの副作用

この薬は避妊用の低用量ピルの一種ですが、使用方法を間違えてしまったり、あるいは個人の体質によっては様々な副作用が生じてしまいます。

その軽いものとしては吐き気やだるさなどといった身体の倦怠感、頭痛があります。

これらの症状はおよそ1週間から2週間ほど、体が薬の成分に慣れるにしたがって治まるようになります。

もし数か月経過してもこれらの症状が改善されない場合は、薬が体質に合っていない可能性があるため、服用を中止するか医師の診断を仰ぐ必要があります。

またこの薬を長い間服用することによって、日々の食欲が増進するという症状が現れてきます。

これによって食事の量が自然と増加し、結果、服用する以前よりも体重が増えるという事態になる場合があります。

そのため食事量を自制する必要が出てきます。

ページTOP