ラベルフィーユの効果

避妊薬ラベルフィーユ

避妊目的で低用量ピルの処方を求めた時に入手することができるのが、三相性のラベルフィーユというジェネリック医薬品です。

ジェネリックと言えば、長い歴史がある薬剤と同一の成分を使いつつ、同じ効果が得られるので安心感が高い上に安価に入手することが可能であることからとても重宝する薬剤の形式です。

ラベルフィーユは、低用量ピルには必ず含有されている卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されており、飲用すると体内のホルモンバランスが妊娠時と同一になります。

そのため、絶対に妊娠しなくなるという安心感があり、そういった高い避妊率が支持され選ばれ続けています。

一枚のシートに21錠分が入っているので、順番に飲んでいけば無理なく体を避妊に特化した様子に変化させられます。

ラベルフィーユの使用方法と注意点

ラベルフィーユは三相性ピルと呼ばれるカテゴリに分類されるものであり、数ある製品の中でも特に人気が高いです。

支持率が高いだけあり、正しく用いると優れた効果を得ることができ、確実に妊娠を防ぐことができます。

また、避妊を目的として用いる他には妊娠するためのベース作りを行うことができることから、子供を授かりやすくなるという魅力もあります。

そして、女性特有の症状も28日間のサイクルに安定させられるので、現代人のようにストレスなどにより周期が乱れがちな方に最適です。

こうしたラベルフィーユは、数字が振り当てられているので、しっかりと飲む順番を意識する必要があります。

飲む順番を守ることで正しい効果を得ることができるようになります。

ラベルフィーユの副作用

ラベルフィーユは避妊を目的として処方される事が多い低用量のピルのひとつでジェネリック医薬品としても知られています。

この様なジェネリック医薬品は長期的な利用コストを考えると利用者にとってかなり有用ですが、様々な効果や副作用について事前に知っておく必要があります。

ラベルフィーユは低用量のピルなので、連続で使用した場合には休薬期間が必要です。

休薬期間の日数を覚える事は人によっては慣れる必要がありますが、飲み間違いなどをしたくない方は28錠タイプのラベルフィーユを処方してもらうのも良い考えです。

ラベルフィーユを飲み忘れた場合は翌日までに気づて、すぐに飲めば体の変化は治まるのですが、2日以上飲み忘れた場合は薬の服用をやめて廃棄する事が大事です。

ラベルフィーユ21とラベルフィーユ28の違い

ラベルフィーユは低用量ピルのひとつで、毎日服用することで高い避妊効果を期待できます。

低用量なので他の薬に比べて副作用を抑えながら飲み続けることができます。

ラベルフィーユには21と28の二種類があります。

21は21錠飲んだあと、休薬期間として七日間薬を飲まない期間を設けます。

この七日間に消退月経が起こります。

28は一ヶ月分がひとつのシートになっており、21錠は普通の錠剤で残りの7錠はプラセボ錠となっています。

効果は21と同じですが、同様に休薬期間を設けることになります。

28は続けて薬を飲むことになるので、再度飲み始めるタイミングを逃すということがありません。

これにより休薬期間も安心して過ごすことができます。

ページTOP