ロエッテの効果

避妊薬ロエッテ

この薬は低用量ピルの一種であり、他の避妊薬と比較して効果が期待できる薬として注目されています。

またこの薬はアフターピルとしても作られており、緊急時にも服用することができます。

そのため従来であれば効果を持続させるために、継続的に服用しなければいけませんが、この薬ではその必要がないのです。

このことから気軽に服用できるとして評判でもあります。

この薬の効果は服用してから24時間以内に発揮され、90パーセント以上の高い可能性での避妊が可能となっています。

また継続服用としての用法用量としては、生理の初日から21日間服用し、その後7日間の休みを設けます。

そして29日目からは新しいシートから、また4週間のサイクルを繰り返すことで避妊効果を持続させることができます。

ロエッテの使用方法と注意点

ロエッテとは避妊用のピルの中でも避妊や生理痛への効果を目的とした薬です。

主成分にはレボノルゲストレルと呼ばれる成分が含まれておりこの成分はモーニングアフターピルと呼ばれる緊急用避妊薬としての効果があります。

生理痛の軽減を目的として使用するときには月経がはじまった日から月一回で服用するという使い方をすることで効果が発揮できます。

それに対して緊急の避妊として使用するときには24時間に服用することで9割妊娠を回避することができ72時間以内であれば7割妊娠を回避することができます。

しかしそれでも妊娠してしまう可能性はあるため確実に避妊を指定場合にはこの薬の他にコンドームなどの他の道具も使用するべきです。

ロエッテの副作用

ロエッテは毎日服用するタイプの避妊薬です。

毎日薬を飲む場合にも使えますが、緊急用の避妊薬として使うこともできます。

その場合は24時間以内に飲むことでおよそ九割、72時間以内に飲めばおよそ七割の確率で避妊してくれるというデータがあります。

避妊薬としての効果も高いのですが、ホルモンバランスを整えることで女性ならではの生理のつらさを和らげてくれる効果もあります。

副作用は吐き気やむくみなどが挙げられますが、その頻度は少ないと言われています。

一般的な経口タイプの避妊薬に比べて副作用が少ないのがロエッテの特徴のひとつでもあります。

低用量ピルなので肉体に与える副作用は最小限に抑えながら、避妊効果をもたらしてくれます。

ページTOP