トリキュラーの効果

避妊薬トリキュラー

トリキュラーとは、避妊効果が非常に高い三相性の低用量ピルで、生理の初日からスタートし、シートに記載されている順序の通りに飲んでいけば高い確率で妊娠を防ぐことができます。

トリキュラーは避妊以外にもホルモンバランスを安定させる作用によって、生理周期を正確にコントロールしたり、生理痛や月経前症候群の軽減、大人ニキビやプレ更年期の予防などにも効果を発揮します。

月経周期をしっかり28日にコントロールできるので、仕事や旅行の計画を立てることにも役立ち、生理そのものが軽くなるので、生理痛や月経前症候群の症状が和らぎ、経血量も減るのでとても楽になります。

トリキュラーは避妊効果のみならず、小さな体の不調から怖い病気の予防にまで有効な低用量ピルとなっています。

トリキュラーの使用方法と注意点

トリキュラーとは卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)黄体ホルモン(レボノルゲストノル)の働きにより、少ない使用量で避妊を叶える避妊用ピルです。

エストロゲンは21日間は一定で飲まなければならず、配合している量も一定ですが、後者はプロゲストーゲンは六日から五日にかわり十日へと飲むにつれて、飲む順番と配合量が変化していきます。

エストロゲン、プロゲストーゲンを服用する事で三相性という効果があらわれますが、排卵を起こらなくする、受精卵を着床しにくくする、精子を子宮に入りづらくするメリットを得られます。

副作用としてはごく稀に血栓症を引き起こす場合がありますから、服用する前にはドクターに相談する必要性があります。

トリキュラーの副作用

トリキュラーを飲み始めると、人によっては副作用が出る場合もあります。

トリキュラーの副作用で考えられることは、頭痛や吐き気など、妊娠初期のような症状が見られる場合があります。

これらの症状の原因は、女性ホルモンを安定させるために起こることが考えられます。

これらの症状は、そのままトリキュラーを1~2か月続けて服用し、慣れると治まることがあります。

このような症状が出るのは体質にもよりますが、どうしても副作用が強いと感じるようでしたら、違うピルを使用してみても良いでしょう。

また、全くこのような副作用が出ない体質の方もいますので、全ての人に起こるとは限りません。

このようなことから、自分に合ったピルを探すことが、大切だと言えるでしょう。

ページTOP